ラップで勝負、言葉力アップ
麻布高生、『語彙・読解力検定』とコラボ動画

岡田晴登さん(写真左)横井一真さん(写真右)

東京大学などの難関大学に毎年多数の合格者を出している東京都港区の麻布高校で、昼休みや放課後に、互いのラップのスキルを競い合う生徒たちがいる。ラッパーに欠かせない「ことばの力」を磨くため、日夜しのぎを削っている。
いま若い世代でラップがブームだ。数人で輪になって掛け合いをする「サイファー」や、1対1で、即興で言葉をぶつけ合う「MCバトル」の形でラップに挑戦する人が増えている。
麻布高校では5月の文化祭で、MCバトルのイベント「麻布ラップ展」が開かれた。1、2年生の20人近くが参加し、トーナメント方式で争った。その後も時折集まっては、掛け合いをしている。同校の生徒とラップという意外な組み合わせは、テレビの情報番組でも取り上げられた。
メンバーの多くはMCバトルの番組「フリースタイルダンジョン」(テレビ朝日系)を見て興味を持ったという。2年生の横井さん(17)は「バンドを組むより簡単にできる。友達同士で気軽に始めた」と話す。
ラップには豊富な語彙が必要だ。同じく2年生の岡田さん(17)は「服装や身ぶり手ぶりはもちろん、言葉選びにも個性が出るのが面白い」という。
「限られた長さで言いたいことを伝えるには、同じ意味の言葉をどれだけ知っているかが勝負」と横井さん。韻を踏むために辞書でひたすら言葉を探すこともあるという。「ヒップホップ的には邪道かも。でも、いろいろなやり方があっていいと思う」

『語彙・読解力検定』の特別企画として、麻布ラップ展と協力し、動画を制作しました。四字熟語などの言葉に精通した「語彙力マン」が、通りすがりの不良とラップで対決する内容。こちらでご覧になれます。

(2016年10月14日 朝日新聞朝刊より)

2018年度 公開会場
実施日

公開会場

1118日(日)

2018年度の「公開会場」は11月に実施します。

「団体受検」「認定準会場※」は6月、11月の年2回実施します。

「認定準会場」とは、団体が受検する「準会場」のうち、個人の受検者も受け入れている会場です。「認定準会場」は学習塾が運営しているものが多く、会場によって実施する級、時間、お申し込み方法などが異なります。詳しくは、「認定準会場」に直接お問い合わせ・お申し込みください。

  • 個人受検
    を申し込む

  • 申し込み内容を
    確認する
    (Web申し込みの方)

  • 語彙の達人、語彙読太郎の本日の語彙 今日のあなたにぴったり合う語彙を選んであげよう!
  • このマークについて
  • 現代人の語彙に関する調査
  • 語彙・読解力検定 新しい学力観に基づいた出題傾向が共通しています 変わる大学入試と『語彙・読解力検定』
  • つながろう「ことば」で。著名人によるコラム

ことばを、チカラに 語彙・読解力 検定

  • 朝日新聞
  • BENESSE

当サイトの記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。