各級の測定レベルと合格判定方法

受検者のレベルに合わせ6つの級を設けています。
下記の表を参考にしてください。

1級は年1回、第2回(11月)のみの実施です。

合格判定の仕組み

『語彙・読解力検定』では、IRTスコアと得点率による合格判定を行っており、「辞書語彙IRTスコア」と「新聞語彙・読解 合計得点率」の両方が合格基準以上であることで合格としています

IRT
スコア測定範囲
合格基準
辞書語彙
スコア
新聞語彙・
読解合計得点率(※)
1級 820~960 860 70%
準1級 640~860 770 70%
2級 500~710 620 70%
準2級 390~600 510 60%
3級 280~500 410 60%
4級 170~390 300 60%

1級~準2級は400点満点、3級・4級は300点満点です。

出題領域に最適な判定方法を採用

IRTは基礎的な知識やスキルを測ることに向いているため、「辞書語彙」の測定で採用しています。また、「新聞語彙」「読解」では、時事性の高い出題や資料内容の把握・情報整理といった複合的な思考力を問う出題のため、得点率で測定しています。

IRT(Item Response Theory 項目反応理論)とは、あらかじめ問題の1問1問に難易度の指標をつけておき、どの程度の難易度の問題に正解・不正解したかという情報から、受検者の能力を表すスコアを算出する方法です。 IRTに基づくスコアは、異なる回や級を受検しても相互に比較することが可能です。
※『語彙・読解力検定』では、これまでのべ10万人以上の方々にご協力いただいた問題事前調査の結果から、各問題の難易度の指標を設定しています。

受検後、強化すべきポイントを知ることができる

スコアだけではなく領域別・分野別の力のバランスもわかるため、強化すべきポイントを知ることができます。さらに、語彙力・読解力を高めていくために、日頃の行動・姿勢について合格者と比較しながら振り返ることができます。

受検結果通知(受検者全員にお届け)

(1)合否結果とメッセージ 合格結果に基づき、どのような力が身についているのか、あるいは足りないのかをメッセージで示しています。 (2)成績分析各領域・分野別に成績の詳細を表示しています。今回の「全国平均」「合格者平均」の得点率と比較して、自分の強みや弱みの理解に役立てることができます。 学習アドバイスでは、特に意識して伸ばしたい分野について対策のアドバイスをしています。 (3)語彙・読解力を高める姿勢 受検時に行ったアンケートの回答結果について評価を示しています。「合格者標準」を参考に、次の目標に向けてどのような姿勢や行動が求められるかの目安にすることができます。

合格認定証(合格者のみにお届け)

合格者には、合格認定証をお届けします。

2017年度 個人受検
2回検定日

検定日

1119日(日)

822日(火)より
受け付け開始予定

  • 個人受検
    を申し込む

  • 申し込み内容を
    確認する
    (Web申し込みの方)

検定について確認する

問題にチャレンジ

  • あなたの「ことばの力」は何級レベル? チャレンジ!ミニ検定
  • どんな問題が出るの? 出題例を見る

「語彙・読解力検定」 練習問題

2つの級を受検

  • あなたの「合格体験記」募集中です!
  • ドッキン ドッカイ!!「ごいの力」は「こいの力」!?
  • 語彙の達人、語彙読太郎の本日の語彙 今日のあなたにぴったり合う語彙を選んであげよう!
  • このマークについて
  • 第1回 現代人の語彙に関する調査
  • ことばのひろば 校閲センターから
  • つながろう「ことば」で。著名人によるコラム

ことばを、チカラに 語彙・読解力 検定

  • 朝日新聞
  • BENESSE

当サイトの記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。